メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

スーパーマラドーナ 「M-1」最後の挑戦 熱血と淡泊、完熟のネタで

お笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の田中一彦(左)と武智=大阪市北区のよしもと西梅田劇場で、幾島健太郎撮影

 若手漫才師の日本一決定戦「M-1グランプリ」の予選が開幕し、今年も年末の決勝に向けた戦いが始まった。3年連続ファイナリストの実力者、スーパーマラドーナは、「俺が一番M-1のこと思ってんねん!」と公言するストイックなツッコミ・武智と、「M-1も仕事の一つです」と淡々と語るボケ・田中一彦が織りなす好対照のコンビ。結成15年目でラストイヤーとなる今年の大会に、「ネタは例年より豊作。機は熟してます」と充実感をにじませる。

 コワモテの武智と線の細い田中が繰り広げるのは、緻密な構成が魅力の漫才。武智が書く作り込まれたネタを…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです