メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

首都で白人至上主義者集会 数十倍の市民が抗議

南部バージニア州シャーロッツビルでの衝突事件1年

 【ワシントン國枝すみれ】米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者が抗議する市民と衝突して死者が出た事件から12日で1年を迎えた。白人至上主義者は首都ワシントンのホワイトハウス前で集まったが、数十倍の数の市民が「帰れ、ナチ」「恥を知れ」と抗議の声を浴びせた。

 「白人公民権」のための集会には約400人の白人至上主義者の参加が予定されていたが、実際に集まったの…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです