メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝屋川中1殺害3年

卒業しても2人は友 知人ら花束供え

冥福を祈ってユリの花束を手向ける戸塚正樹さん=大阪府高槻市番田1の遺体遺棄現場で2018年8月13日、伊藤遥撮影

 「一緒に卒業したかった」。大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん(当時13歳)と星野凌斗(りょうと)さん(同12歳)が殺害された事件は、13日で発生から3年になった。今春、中学の卒業式では2人の名前が読み上げられ、多くの生徒が涙を流した。2人の遺体が見つかった現場にはこの日、花束が供えられ、知人らが冥福を祈った。

 2人は2015年8月13日早朝、寝屋川市内の商店街を歩いている姿が確認されたのを最後に行方不明にな…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです