連載

知られざる中・東欧

日本では注目されにくい中・東欧諸国の話題を発信します。

連載一覧

知られざる中・東欧

右派政権下で変質するオーストリア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NGOが運営する難民申請者の収容施設=ウィーンで2018年8月9日午後4時54分、三木幸治撮影
NGOが運営する難民申請者の収容施設=ウィーンで2018年8月9日午後4時54分、三木幸治撮影

 中欧のオーストリアで中道右派・国民党と右派・自由党の「右派連立政権」が昨年12月に発足してから、7カ月が過ぎた。難民・移民排斥、反イスラムを主張する自由党が12年ぶりに政権に入り、国はどう変わったのか。取材を進めると、欧州連合(EU)に反旗をひるがえし、「反難民」を主張する東欧諸国と同様、EU法に抵触しかねない改革が進んでいた。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2027文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集