特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

情熱大陸

新婚&女児誕生で「今年のオレは違う!」 世界の頂点を目指す競泳・瀬戸大也に密着

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
<プロフィル>瀬戸大也(せと・だいや) 1994年埼玉県生まれ。5歳から水泳を始め、中学2年の全国ジュニアオリンピックカップ(400メートル個人メドレー)で中学新記録を樹立し初優勝。早稲田大学に進学し、2013年世界水泳選手権(400メートル個人メドレー)で日本人初優勝。2015年世界水泳選手権(400メートル個人メドレー)で日本人初連覇の快挙を達成した。金メダルが期待された2016年リオ五輪では、ジュニアの頃からライバル関係だった萩野公介に敗れ、銅メダルに。大学卒業後はANA所属のプロ選手として活動している。プライベートでは昨年、元飛込日本代表選手の馬淵優佳さんと結婚。今年6月に長女・優羽ちゃんが誕生した。趣味はドライブ。この夏はゴルフにも初挑戦ではまる予感。シーズンが終わったらラウンドを増やしたいと密かに夢想する24歳。
<プロフィル>瀬戸大也(せと・だいや) 1994年埼玉県生まれ。5歳から水泳を始め、中学2年の全国ジュニアオリンピックカップ(400メートル個人メドレー)で中学新記録を樹立し初優勝。早稲田大学に進学し、2013年世界水泳選手権(400メートル個人メドレー)で日本人初優勝。2015年世界水泳選手権(400メートル個人メドレー)で日本人初連覇の快挙を達成した。金メダルが期待された2016年リオ五輪では、ジュニアの頃からライバル関係だった萩野公介に敗れ、銅メダルに。大学卒業後はANA所属のプロ選手として活動している。プライベートでは昨年、元飛込日本代表選手の馬淵優佳さんと結婚。今年6月に長女・優羽ちゃんが誕生した。趣味はドライブ。この夏はゴルフにも初挑戦ではまる予感。シーズンが終わったらラウンドを増やしたいと密かに夢想する24歳。

 先日、競泳のパンパシ水泳でバタフライ200メートルの連覇を果たした瀬戸大也。2年前のリオ五輪「400メートル個人メドレー」で銅メダルを獲得し、2年後の東京五輪でも活躍が期待される24歳がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、8月20日午前0時~0時半)に登場する。

 2年前、オリピックという大舞台で初出場にしてメダリストとなったが、それは4年後の東京五輪で金メダルという最高の輝きを手に入れるための覚悟の日々の始まりでもあった。

 大学を卒業後、文字通り「身を固める」決意をし去年、元飛び込みの日本代表選手だった馬淵優佳さんと結婚。瀬戸の日々の栄養管理を含めた全面的なサポートをするために妻は競技を引退した。肉の選び方から脂質の落とし方、フルーツの切り方。試合の時期に合わせた調味料の使い方までを徹底的に学び、まさに「夫婦一丸」で競技人生を支え始め、更には今年6月に待望の第一子長女の優羽(ゆわ)ちゃんも誕生したばかり。

「もし金メダルを獲って、観客席から“パパ抱っこ~”と言われたら連れて行っちゃいそうです」と今は妄想で目尻を下げる瀬戸だが、独身時代に獲得したリオ五輪の銅メダルとは異なり、家族という責任を背負ったからこその覚悟もある。

 番組では、そんな新婚アスリート夫婦の日常生活に加えて、新体操の畠山愛理やレスリングの中村倫也、キックボクシングのFUMIYAやバドミントンの奥原希望など瀬戸と同じく1994年生まれの異種目アスリートたちとの夕食会などにも密着した。「リオから2年、東京まであと2年」となる瀬戸大也の24歳の夏をお伝えする。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集