メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私の記念碑

能楽シテ方観世流 大槻文蔵の「敷地物狂」 「復曲」後、再演重ね評価

大槻文蔵=梅田麻衣子撮影

 大阪の大槻能楽堂を拠点に活躍するシテ方観世流の名手。深い人物理解に基づいた舞台で観客を魅了するが、その一方で、廃絶した曲を復活上演する「復曲」にも意欲的に取り組んでいる。中でも母と子の再会を描く「敷地物狂(しきじものぐるい)」は復曲後も再演を重ね、高い評価を得てきた。

 能の曲には上演が途絶えたものも多く、1980年代に入って復曲の機運が生じてきた。そんな中、83年に観世流の浅見真州のシテ(主役)で復曲された「重衡」の舞台に触発されたという。「よい舞台でした。そして、ああ、こんなこともできるんだ、と強く思いました。私にはそれまで復曲という発想がありませんでしたから」

 最初に取り組んだのは、観世宗家に能の大成者・世阿弥の自筆本が伝わる「松浦(まつら)佐用姫(さよひめ…

この記事は有料記事です。

残り1726文字(全文2062文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです