メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災3県、海水浴場再開3割 津波で砂浜消失、海中にはがれき

砂利で復活 「やはり砂の方が…」の声も

 東日本大震災の影響で閉鎖していた岩手、宮城、福島の被災3県の海水浴場がこの夏相次いでオープンした。ただ、津波からの復旧工事や東京電力福島第1原発事故の影響もあり、再開したのは震災前の約70カ所のうち約3割。本格的な復旧には時間がかかりそうだ。

 岩手県田野畑村には震災前、二つの海水浴場があったが、いずれも防潮堤の工事で閉鎖中。子どもの遊び場を求める村民の要望を受け7月、机地区の浜辺に臨時の海水浴場をオープンした。

 8月上旬、帰省を利用して家族で遊びに来た東京都の会社員、藤田慎也さん(40)は「東京の海だとテント…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです