メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの日を語り継ぐ

戦後73年の夏/下 望郷の思い消えず 択捉島出身 伊藤光作さん(83) /秋田

 「戦争は悪の産物です」

 8月上旬。北方領土・択捉(えとろふ)島(とう)出身の伊藤光作さん(83)=由利本荘市石脇=は、秋田市内で開かれた集会で、約20人の中学生に語りかけた。手元の原稿用紙にはびっしりと文字が書き込まれていた。

 その前後、記者は自宅を訪れ、詳しく話を聞いた。

 伊藤さんは1935年、島南部のビョーノツ地区で生まれた。11人きょうだいの4番目。両親はノリ漁などで生計を立てていた。自宅周辺にはクロユリが咲き、小川では赤い斑点のある魚「オショロコマ」が捕れた。美しい島だった。

 戦時中、米軍の魚雷が命中した日本軍の軍艦が寄港した。船体には大きな穴が開き、人間の肉片が飛び散って…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1256文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです