メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
長崎原爆

投下の午前11時2分 平和願う34の古時計 志木・長崎ちゃんぽん店「長崎亭」 /埼玉

夫妻「忘れぬ時間で時止めた」

 志木市の長崎ちゃんぽん店「長崎亭」では、1945年8月9日、長崎に原爆が投下された午前11時2分を指す34の時計が壁を覆う。とりわけ大きな古時計に貼られた張り紙に、「悲劇の日 忘れられない七十余年 止まったままの 十一時二分」と同店を営む長崎県出身の古賀宏さん(82)と妻秀子さん(79)の思いが記されている。【中川友希】

 宏さんは45年8月9日、9歳だった。長崎市から約20キロ離れた諫早市の自宅の近くで木に登ってセミ捕…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1056文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです