立憲民主党

熊本が事実上分裂 県議と市議、離党届 来夏の参院選対応で対立 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党熊本県連所属の鎌田聡県議と上田芳裕・熊本市議の2人は13日、来夏の参院選熊本選挙区(改選数1)の対応を巡って衆院議員の矢上雅義代表らと対立し、離党届を提出した。所属地方議員4人のうち、2人が離党の意向を表明したことで、同党県連は事実上、分裂した。

 党県連は同日、熊本市南区の県連事務所で緊急常任幹事会を開き、矢上代表と県議の…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集