メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

世界の水処理に積極関与を=佐野大輔・東北大大学院環境科学研究科准教授

 米国を除く11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の国内手続きが完了し、来年早々にも発効する見込みとなった。TPPは包括的な自由貿易協定だ。関税引き下げにより農業など第1次産業分野が打撃を受けることは以前から懸念されてきたが、その他の見過ごされかねない影響の一つとして「輸入感染症」を指摘したい。

 TPP関係国から安価な農作物や水産物が大量に輸入され、それらが病原体に汚染されていた場合、国内に流…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです