メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

厳戒の中、白人至上主義者が集会 「帰れ、ナチ」抗議デモ 人種間、緊張続く

白人至上主義者に抗議するデモ参加者=米ホワイトハウス前で2018年8月12日、ロイター

 【ワシントン國枝すみれ】米南部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者が抗議する市民と衝突した事件から1年を迎えた12日、ワシントンのホワイトハウス前では白人至上主義者の集会とそれに抗議するデモが開かれた。米国では人種間の緊張が高まっているとの見方が強いが、事件で白人至上主義を明確に非難せず批判を浴びたトランプ大統領の政策や言動が変わる可能性は低い。

 「白人公民権のための集会」には白人至上主義者400人が参加を予定していたが、実際に集まったのは約2…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文718文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです