メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

戦禍憂い、祈る平和 平成最後の追悼式、陛下が紡いだ「ことば」

「平和の礎」の説明を受けられる=沖縄県糸満市の平和祈念公園で1995年8月2日

 天皇陛下は15日、東京都千代田区の日本武道館で開催される全国戦没者追悼式でおことばを述べられる。在位中最後の出席で、その内容に注目が集まる。陛下は皇太子時代から、式典や誕生日の記者会見だけでなく、多くの機会で、自らの記憶に強く残る戦争の惨禍を振り返り、平和への思いを込めたメッセージを国内外に発信し続けてきた。陛下が紡いできた発言を振り返った。【高島博之、山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り4959文字(全文5143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです