メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

戦禍憂い、祈る平和 平成最後の追悼式、陛下が紡いだ「ことば」

「平和の礎」の説明を受けられる=沖縄県糸満市の平和祈念公園で1995年8月2日

 天皇陛下は15日、東京都千代田区の日本武道館で開催される全国戦没者追悼式でおことばを述べられる。在位中最後の出席で、その内容に注目が集まる。陛下は皇太子時代から、式典や誕生日の記者会見だけでなく、多くの機会で、自らの記憶に強く残る戦争の惨禍を振り返り、平和への思いを込めたメッセージを国内外に発信し続けてきた。陛下が紡いできた発言を振り返った。【高島博之、山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り4959文字(全文5143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです