メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

今から着る秋物 残暑深みのある色楽しんで

写真(1)イネド

 立秋を過ぎ、店頭には早くも秋物の衣類が並ぶが、しばらくは夏物が活躍しそうな厳しい残暑が続く。今から着られる素材で、秋を意識したアイテムを紹介する。

 「世の中のトレンドに合わせるよりも、自分らしい装いを楽しむ人が増えている」と最近の傾向を分析するのは、伊勢丹新宿店婦人服アシスタントバイヤーの高橋理知夫さん。流行を追うのではなく、着用頻度が高く着回しがきくものを求める人が増えているという。こうした流れを受け伊勢丹新宿店では、上下セットになっていてもそれぞれ単独で別のアイテムと合わせられるなど、さまざまなコーディネートを楽しめる商品を提案している。

 深みのある緑のブラウスとスカートのセットアップ=写真[1]=は、遊び心のあるレース使いがポイント。…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです