メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

今から着る秋物 残暑深みのある色楽しんで

写真(1)イネド

 立秋を過ぎ、店頭には早くも秋物の衣類が並ぶが、しばらくは夏物が活躍しそうな厳しい残暑が続く。今から着られる素材で、秋を意識したアイテムを紹介する。

 「世の中のトレンドに合わせるよりも、自分らしい装いを楽しむ人が増えている」と最近の傾向を分析するのは、伊勢丹新宿店婦人服アシスタントバイヤーの高橋理知夫さん。流行を追うのではなく、着用頻度が高く着回しがきくものを求める人が増えているという。こうした流れを受け伊勢丹新宿店では、上下セットになっていてもそれぞれ単独で別のアイテムと合わせられるなど、さまざまなコーディネートを楽しめる商品を提案している。

 深みのある緑のブラウスとスカートのセットアップ=写真[1]=は、遊び心のあるレース使いがポイント。…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです