メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 名古屋市立大 鈴木賢一さん 病院に満天の星を

名古屋市立大の鈴木賢一さん

 心身の不調や不安を抱える人をアートの力で手助けする「ヘルスケア・アート」を研究する。中でも子どものストレスを緩和しようとデザインした小児病棟は全国に広がっている。「子どもたちの喜々とした表情を見るのがうれしい」と話す。

 もともと学校や教育施設の建築が専門で、病院は「巨大で建築という気がしない」と距離を置いてきた。20年ほど前、後輩研究者から「子どもの空間作りに参加してほしい」と頼まれ、あいち小児保健医療総合センター(愛知県大府市)の設計に関わった…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  2. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです