メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る 初年度納入金が安い私立大医学部1位 順天堂大

初年度納入金が安い私立大医学部

 文部科学省の汚職事件に絡み、東京医科大の入試でさまざまな疑惑が持ち上がっている。現在、医学部医学科がある大学は81大学。そのうち31大学が私立大だが、学費はいかほどか。

 今年4月現在、初年度納入金で最安は順天堂大だが、それでも290万円。300万円台で東京慈恵会医科大と慶応大が続く。6年間の総額でみると、昨年春に医学部を新設した国際医療福祉大が約1900万円で最も安く、順天堂大が約2100万円、慶応大が約2200万円となる。

 初年度納入金の最高額は川崎医科大の約1200万円、6年総額では約4700万円だ。東京医科大は初年度…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  3. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. サラリーマン川柳 「我が家では 最強スクラム 妻・娘」 第33回サラリーマン川柳優秀100句を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです