特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

稲葉の完勝譜

 [後]4九馬を見た稲葉が決めどころと見て、一気に襲いかかった。図からの指し手に1、2分と時間は使っているが、あくまで確認であって、実質的には読み切りのノータイムだった。以下、緩みない寄せで押し切った。

 終了図から[後]4二同玉は[先]3三銀以下詰み。[後]2二玉は[先]3三歩成[後]同角([後]1二玉は[先]2二金[後]同飛[先]同と[後]同角[先]2一銀[後]同玉[先]3二金から詰み)[先]3二金打[後]1二玉[先]3三飛成で後手玉は受けなし。

 稲葉の完勝譜だった。久保は「玉頭攻めが厳しかった。桂香が取れるのでもう少し勝負になると思ったが、甘かった」と振り返った。久保にとっては不出来な内容で、感想戦も手短にして切り上げられた。稲葉の振り飛車破りは、やはり光るものがあった。言葉では表現しづらいが、居飛車の正攻法の部分が存分に発揮され、それでいて振り飛車のさばきに負けないしなやかな駒運びが随所で見られた。「正攻法としなやかさ」を両立させるの…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文803文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集