メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

全米プロ選手権 松山、苦い35位 ケプカ優勝

通算14アンダーで2位だったウッズ=AP

 【セントルイス(米ミズーリ州)角田直哉】男子ゴルフ今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、当地のベルリーブCC(パー70)で最終ラウンドがあり、松山英樹は1イーグル、6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの66で回り、通算4アンダーの35位だった。小平智はイーブンパーの59位、池田勇太は1オーバーの65位。

 ブルックス・ケプカ(米国)が66で回り、通算16アンダーの264で初優勝。6月の全米オープン選手権…

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2278文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです