メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

この大会から未来へ 結団式、山県主将が決意

アジア大会の日本選手団結団式で、竹田恒和JOC会長(左端)に向かって決意表明する山県亮太主将。右は旗手の上野由岐子=東京都内のホテルで2018年8月13日午後4時51分、手塚耕一郎撮影

 アジア大会(18日開幕、ジャカルタ)の日本選手団結団式が13日、東京都内のホテルで行われた。

 選手団の主将を務める山県亮太(26)=セイコー=は「2年後には東京五輪が控える。この大会から未来につながるバトンを東京に届けられるよう、一人一人が全力で戦い抜くことを誓います」と決意を述べた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は東京五輪で金メダル3…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです