大相撲

復興祈願、土俵入り 仙台

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
復興への願いを込めて披露された土俵入り=仙台市若林区で2018年8月13日、飯山太郎撮影
復興への願いを込めて披露された土俵入り=仙台市若林区で2018年8月13日、飯山太郎撮影

 大相撲の鶴竜、稀勢の里の両横綱が13日、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅の広場で、東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露した。住民ら約550人が「ヨイショー」とかけ声を上げた。

 両横綱は約200人が犠牲になった荒浜地区の慰霊碑に献花し、震災遺構として公開されている旧荒浜小も訪…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集