メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
皇室

陛下のおことば 戦争の記憶が原点 あす平成最後の終戦の日

疎開先の田母沢御用邸付属邸で同級生と体操をされる10歳当時の天皇陛下

 天皇陛下は15日、平成最後の全国戦没者追悼式に出席し、おことばを述べられる。犠牲者を慰霊し、平和を願ってきた陛下の発言の原点は、戦争の記憶にある。当時の同級生は「自らの体験から、犠牲になった人々を放っておけないというお気持ちが強いのではないか」と話す。(8面に特集)

 日本軍が米国・ハワイの真珠湾を攻撃した1941年12月8日。陛下は当時、学習院初等科2年生で、朝のラジオニュースで太平洋戦争の開戦を知った。

 戦意高揚のため、陛下には軍事施設の視察が頻繁に求められた。同年10月に東京都立川市の陸軍航空技術学…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1513文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです