メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/1(その2止) 戦場のリアルに苦悩 ペリリュー元兵士「軽すぎる」 漫画家、拒絶胸に「伝えたい」

ペリリュー島で戦った元兵士の永井敬司さん。70年以上たつ今も、亡くなった戦友を思うと眠れなくなるという=茨城県茨城町で2018年8月6日、手塚耕一郎撮影

 

 7月下旬、私は太平洋戦争の激戦地・ペリリューから生還した34人の一人、茨城県の永井敬司さん(97)の自宅を訪ねた。なぜ、漫画でペリリューの兵士を描く武田一義さん(42)への協力を断ったのか。永井さんは、はっきりした口調で「あそこで戦っていない人には分からない」と語り出した。

 18歳で志願し陸軍に入隊。満州で国境警備をした後、ペリリューへ派遣され、飛行場を米軍から守る最前線で戦った。23歳だった。

 戦闘はすさまじかった。米軍に挟まれ、身を隠した堤防を仲間と飛び出した。銃弾が地面に当たってあがる土…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです