メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翁長・沖縄県知事死去

「沖縄の心 引き継ぐ」 最後の別れ

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設反対を訴え続け、今月8日に膵(すい)がんのため67歳で死去した沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の葬儀が13日、那覇市の大典寺で営まれ、政財界関係者ら4500人以上が参列し別れを惜しんだ。

 祭壇には笑顔の遺影が飾られた。稲嶺恵一・元知事(84)は「沖縄知事の最大の課題は基地問題だ。あなたが命を懸けて取り組んだことは日本国全体に大きなインパクトを与えた。あなたが大事にしてきた平和を希求す…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです