メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Re

北メール 市民の夢かなえた歩行空間=白鳥健志(札幌駅前通まちづくり株式会社社長)

 まちづくり会社の月初めは、朝から電話対応で息つく暇もない。電話のほとんどは、札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」の「交差点広場」や通路両側にある「憩いの空間」といった広場利用に関する問い合わせと予約だ。

 広場は、条件をクリアし許可を得れば、市民や企業が自由にPR活動や商品販売に使える。1日当たりの通行量が5万~6万人と人通りが多いこともあって人気が高く、稼働率は年平均95%にも上る。そのおかげで、チ・カ・ホは歩く度に異なるイベントが開催されていて、「飽きのこない楽しい空…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです