関門海峡花火

西日本最大 1万5000発の光のショー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海峡の夜空を彩る花火=山口県下関市唐戸町で2018年8月13日午後7時49分、上村里花撮影
海峡の夜空を彩る花火=山口県下関市唐戸町で2018年8月13日午後7時49分、上村里花撮影

 西日本最大規模の「第31回関門海峡花火大会」(実行委員会主催)が13日あり、北九州市門司区と山口県下関市の両岸から計約1万5000発が打ち上げられた。約95万人(主催者発表)が、県境をまたぐ壮大な光のショーを楽しんだ。

 7月の西日本豪雨などの災害からの復興を祈願した花火「フェニックス(不死鳥)」や…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文218文字)

あわせて読みたい

注目の特集