終戦の日

安倍首相、玉串料を靖国奉納 「参拝行けず申し訳ない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に自民党総裁として玉串料を奉納した。自らの参拝は見送る。

 玉串料は私費で同党の柴山昌彦総裁特別補佐が代理で納めた。首相は柴山氏に「先人たちのみたまにしっかりとお参りをしてください。本日は参拝に行けずに申し訳ない」と事前に伝えたという。

 首相の終戦の日の参拝見送りと玉串料奉納…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集