メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

県産大豆使って豆腐製造 試食好評で定期販売を検討 金足農高3年・高山莉緒さん、千種まこさん /秋田

 県内の大豆収穫量は全国3位なのに、農産物加工の販売額は東北最下位--。そのデータのギャップを知ったときから、金足農高(秋田市)食品流通科3年、千種まこさん(18)と高山莉緒さん(17)の挑戦は始まった。「県産大豆を使って新商品を開発し、県内産業の弱点を少しでも補いたい」

 県内で主に栽培されている大豆の品種はリュウホウ。たんぱく質の含有量が多く加工に適しているとされ、豆腐を作ることにした。

 すりつぶした大豆を釜で煮た後、豆乳とおからに分け、豆乳に凝固剤を加えて固めると、豆腐ができる。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです