メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

つゆ焼きそば 青森・黒石市 摩訶不思議な味を復活

すずのやの「黒石つゆ焼きそば」。途中でウスターソースや一味を入れるのもオススメ=青森県黒石市前町1のすずのやで、一宮俊介撮影

 「焼きそば」はポピュラーだが、青森県黒石市ではそれに各種のつゆをかける。見た目から味を想像してほしい。黒石やきそば専門店「すずのや」の店主、鈴木民雄さん(69)は客から聞かれる度に繰り返す。「摩訶(まか)不思議な味です」。鈴木さんは一度姿を消したこのメニューを復活させた。

 黒石市は「焼きそばの町」を掲げる。その特徴の一つが、うどんのような「太平麺(ふとひらめん)」である。もちもちとした食感でソースがよくからむ。焼きそば自体は戦後間もなく全国に広まったとされるが、黒石は実はうどん文化が根強かった。製麺所には麺を切るカッターがうどん用しかなく、焼きそばの麺もそれで作られていたらしい。

 この焼きそばにかけるつゆの味は店ごとに微妙に違う。すずのやのようなしょうゆベースのつゆや、中華そば…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです