メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

天王寺かいわい 大阪空襲で大きな被害 軍使用の防空壕も /大阪

生玉公園に残る地下壕の通気塔(左手前)=大阪市天王寺区で、亀田早苗撮影

 天王寺かいわいで大阪空襲の跡をたどった。案内してくれたのは「大阪戦争モノ語り 街かどの『戦跡』をたずねて」の著者、森田敏彦さん(75)。「天王寺区は大阪市内でも被害が大きかった」という。生玉公園には陸軍が使った頑丈な地下壕(ごう)も残る。【亀田早苗】

 大阪大空襲は1945年3月13日から8月14日の間の計8回とされる。3月13日深夜から14日未明にかけた第1次空襲では、都心に近い住宅密集地が狙われた。中心市街地は焼き払われ、約4000人が亡くなった。

 このとき、米軍の照準点の一つが天王寺区の隣、浪速区塩草だった。また、6月15日の第4次空襲では天王寺駅付近が狙われた。森田さんが「大阪市戦災復興誌」から数字を示す。天王寺区の空襲前の人口は10万1901人。それが戦災と疎開で8万3447人減った。「え? 減った、ですか」。聞き直した。「残った」ではないのだ。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです