メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/20止 変化の波、果敢に越えて

代理店主らに経営戦略を説明する金杉=東京都内で2018年5月17日、松本尚也撮影

 米ペンシルベニア州で2015年10月、リスク分析の専門家「保険数理人」の年次大会が開かれていた。約2000人が人工知能(AI)や、膨大なデータの蓄積「ビッグデータ」の活用法を熱く語り合う。日本から出席したあいおいニッセイ同和損害保険の板谷和彦(35)は、保険の議論に終始する日本の保険数理人の会合との違いに驚いた。

 保険数理人の本来の仕事は、確率や統計といった数学の手法を駆使して将来のリスクを分析し、保険料率を計…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです