メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/20止 変化の波、果敢に越えて

代理店主らに経営戦略を説明する金杉=東京都内で2018年5月17日、松本尚也撮影

 米ペンシルベニア州で2015年10月、リスク分析の専門家「保険数理人」の年次大会が開かれていた。約2000人が人工知能(AI)や、膨大なデータの蓄積「ビッグデータ」の活用法を熱く語り合う。日本から出席したあいおいニッセイ同和損害保険の板谷和彦(35)は、保険の議論に終始する日本の保険数理人の会合との違いに驚いた。

 保険数理人の本来の仕事は、確率や統計といった数学の手法を駆使して将来のリスクを分析し、保険料率を計…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです