連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

硫黄島に残る「戦後」

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石原俊氏
石原俊氏

 太平洋戦争に翻弄(ほんろう)された小笠原諸島。米国から日本に返還されて今年6月で半世紀を迎えたが、一部を成す硫黄島と北硫黄島には、いまだに島民が戻れない。敗戦後の米軍統治下で進んだ核基地化、返還時に日米が結んだとされる「密約」、今なお残る軍事的重要性--。硫黄島の「終わらない戦後」を考える。【聞き手・鈴木英生】

この記事は有料記事です。

残り4371文字(全文4528文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集