メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本外交を考える

/3 日中関係 「第5の文書」策定急務 早稲田大名誉教授・毛里和子氏

毛里和子・早稲田大名誉教授=東京都新宿区の早稲田大で2018年8月7日、藤井太郎撮影

 中国の李克強首相が今年5月に来日したのに続いて、安倍晋三首相が訪中を調整しており、首脳の相互訪問の話が進んでいる。日中関係は悪くなってはいない。ただ、特別に仲良くしようという気持ちも双方にない。温かくはないが紛争を起こすこともない関係。これからの日中関係はそうした関係が普通になるのではないか。

 日中国交正常化の際、中国は「侵略は日本の一部の軍国主義者によるもので一般の日本国民は被害者だった」という一種のフィクション(虚構)に基づき、日本に反省と謝罪を求めつつも、戦後賠償は請求しなかった。

 日本の政治家もその虚構に乗った。儀式としての「おわび」を繰り返し、靖国神社への参拝は、その虚構に抵…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1258文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです