メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護医療院

今年度開始 「医療」と「住まい」両立 医師が常駐/プライバシーに配慮

介護医療院細谷の入所者にゼリーを食べさせる職員。療養室は4人部屋で、背後のついたてとカーテンで仕切られている=群馬県富岡市で

 医師が常駐して医療と介護を同時に提供する介護保険施設「介護医療院」が、今年度から始まった。一定の医療ケアと住まいの機能を併せ持つことが特徴だ。国は、施設代わりの長期入院とも指摘される介護・医療の「療養病床」を介護医療院に転換するよう促しているが、自治体からは財政負担が増えることへの懸念も出ている。【原田啓之】

 介護医療院は昨年の介護保険法改正で導入された。重度の要介護者が生活する特別養護老人ホーム(特養)や…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです