メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護医療院

今年度開始 「医療」と「住まい」両立 医師が常駐/プライバシーに配慮

介護医療院細谷の入所者にゼリーを食べさせる職員。療養室は4人部屋で、背後のついたてとカーテンで仕切られている=群馬県富岡市で

 医師が常駐して医療と介護を同時に提供する介護保険施設「介護医療院」が、今年度から始まった。一定の医療ケアと住まいの機能を併せ持つことが特徴だ。国は、施設代わりの長期入院とも指摘される介護・医療の「療養病床」を介護医療院に転換するよう促しているが、自治体からは財政負担が増えることへの懸念も出ている。【原田啓之】

 介護医療院は昨年の介護保険法改正で導入された。重度の要介護者が生活する特別養護老人ホーム(特養)や…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです