メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-佐藤康光九段 第6局の1

常識を打ち破る

 駒を並べる佐藤の頬に汗が伝う。日本列島が連日の酷暑に包まれた7月下旬である。駒を並べ終えると佐藤はハンカチで汗を拭った。

 対する広瀬はなぜか涼しげな表情で、ちょこんと盤の前に座っているイメージだ。対局中も表情をさほど変えることのないクールさは、広瀬の持ち味のひとつでもある。

 A級順位戦における両者の対戦は本局が5局目。4局は佐藤が3勝1敗と押している。

 戦型予想が難しい両者の対戦である。広瀬は居飛車も振り飛車も指せるし、後手番の佐藤は天衣無縫の序盤作…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです