メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 ロシア、急ぐ戦術強化 日本と開幕戦、監督交代で底上げ 元主将マルチャノフ氏に聞く

ロシア・ラグビー協会のセルゲイ・マルチャノフ理事=モスクワで2018年7月12日、大谷津統一撮影

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦で、日本(世界ランキング11位)と対戦する欧州代表のロシア(19位)は、予選での他国の不正により繰り上がりでW杯出場が決まった。自国開催のサッカーW杯ではベスト8と健闘した国のラグビー事情とは? 同国ラグビー協会理事でロシア代表元主将のセルゲイ・マルチャノフ氏(51)に強化の現状などを聞いた。【聞き手・大谷津統一】

 --欧州予選1位のルーマニア(世界ランキング17位)などが代表資格のない選手を出場させたとして、予選3位のロシアの出場が決まった。

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです