メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

VAR ハンド判定に課題=小川佳実

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会はW杯で初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入された。映像を見る補助審判が主審に助言するもので、決勝戦もVARで主審がハンドのPKを認める場面があった。これは今大会を象徴するものとして世界で議論の対象となった。

 審判には頑張っても限界があり、VARは客観的事実の確認で大きな力となることは間違いない。その上で新技術を導入すれば課題も必ず出てくる。今大会のVARは特にハンド判定で課題を残したと思う。

 私はW杯期間中、今後VARを導入する予定のイングランド・プレミアリーグであったワークショップに参加…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです