メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

元軍属、73年後の慰霊 自決「裏切り」自責 玉音放送の日、少尉待つ神社裏へ行けず

掩体壕の前で73年前の思いを語る吉川晋吾さん=大阪府八尾市で2018年8月14日、梅田麻衣子撮影

 日本の敗戦を告げる昭和天皇の玉音放送が流れた73年前、自ら命を絶つ軍人が相次いだ。大阪で陸軍機の整備をする軍属だった吉川晋吾さん(90)=東大阪市=は、懇意だった陸軍少尉から集団自決に加わるよう誘われたが、自身は思いとどまった。「申し訳ない」という思いを消せなかった吉川さんは14日、軍施設跡や自決現場となった神社を戦後初めて訪れて手を合わせ、平成最後の夏に心の重荷をようやく少し軽くした。

 吉川さんは岐阜県の陸軍施設で飛行機の整備技術を学び、1945年4月に現在の大阪府八尾市にあった陸軍大正飛行場(現八尾空港)に併設された大阪陸軍航空廠(しょう)に配属された。既に日本は制空権を失い、米軍の空襲は激化していた。飛行機を守る「掩体壕(えんたいごう)」と呼ばれる格納庫で、来る日も来る日も作業を続けた。特攻に向かう航空機も整備した。「離陸さえできればいい」「燃料は片道だけ」。冷徹な命令に渋…

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです