東日本大震災

福島第1原発事故 放射性汚染土を誤廃棄 環境省、「保管」の10キロ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後、同省に送付されていた放射性物質を含む土壌約10キロを省内で紛失したと発表した。誤廃棄した可能性が高いという。汚染濃度は低く、健康への影響は考えにくいとしている。

 同省によると、汚染土は2011年11月8日と16日の2回、小型段ボール箱に詰められ宅配便で送られてきた。「福島市の自宅で採取…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集