メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
パンダ

赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山

 和歌山県白浜町のレジャー施設アドベンチャーワールドは15日、ジャイアントパンダの良浜(ラウヒン)(17歳)が雌の赤ちゃん1頭を産んだと発表した。体重は75グラムで、これまで良浜が出産した赤ちゃんの半分ほどしかなく、保育器に入れて飼育スタッフが見守っている。

 14日午後10時32分、体長15.5センチで誕生した。自力で母乳を吸うことができず、スタッフが細い管を使って授乳しているという。

 良浜は、今回2年ぶり6回目の出産で、9頭の母親となった。今年4月6~9日、永明(エイメイ)(雄、2…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです