メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

119日ぶりの勝利 ソフトバンク・東浜

 ○ソフトバンク2-1楽天●(14日・ヤフオクドーム)

     内野手の間を打球が抜けた瞬間、ソフトバンクの東浜は口を曲げ、悔しさをあらわにした。それは自ら「原点」と語る打者との勝負にこだわったから。一歩も引かない姿勢を貫き、119日ぶりの勝利を手に入れた。

     一回のピンチを脱したことが大きかった。不運な当たりの安打もあり、無死一、三塁で島内を迎えた場面。「1点は仕方ない」と割り切った。3球で追い込むと、最後は低めのカットボールを振らせて三振。続く今江は浅い中飛で、柳田の好返球もあり併殺に。その後も「どうやってリズムを取るか考えた」と初球からストライクを取って流れを作った。

     受難のシーズンだ。5月に以前から不安のあった右肩痛が悪化し、登録抹消でプロ初のリハビリ組へ。熱望していた6月の地元・沖縄での登板も実現せず「このまま(シーズンが)終わるんじゃないか」といらだちを覚えたこともあった。今季初のヒーローインタビューで「今年中に戻れたことを実感する」と笑みを見せた。

     チームは5度阻まれてきた「勝率5割の壁」を破り、7月26日以来の貯金1。昨季の最多勝右腕は「目の前のことをやっていくだけ」と反撃のキーマンになる気概を見せた。【生野貴紀】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです