メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第2部 源流を探る/成長重視の科学技術政策 キーパーソンに聞く 

インタビューに応じる山本一太・元科学技術担当相=須田桃子撮影

 トップダウンの科学技術政策や内閣府の強化、司令塔である総合科学技術・イノベーション会議の変質について、山本一太・元科学技術担当相(60)、井村裕夫・元総合科学技術会議議員(87)、神田真人・財務省主計局次長(53)に聞いた。

■元科学技術担当相、山本一太さん(60)

 --なぜ内閣府の機能を強化しようと考えたのですか。

 日本の科学技術は中国に追い越され、欧米との差が広がるばかり。立て直すには内閣府の司令塔機能強化が必要だと、安倍晋三首相に進言した。だが内閣府は、職員が各省庁から来ている。みんな「母船」である出身省庁のことを考えている。就任後、職員を集めて「母船のことはしばらく忘れてくれ」と演説した。

この記事は有料記事です。

残り3727文字(全文4029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです