メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

人手不足? 受け取り役に外国人急増

家のポストに現金などを入れるよう指示する特殊詐欺の流れ

 高齢者らからキャッシュカードや現金をだまし取る特殊詐欺のグループが、現金などを「家のポストに入れておいて」と指示するケースが増加傾向にある。現金の受け取り役(受け子)が被害者と顔を合わせるのを避けるためとみられるが、その理由は外国人の受け子が現れ始めたからだという。【五十嵐朋子、佐久間一輝】

 6月、東京都あきる野市の70代女性のもとに、おいを名乗る男から「株で名義を貸したらだまされた。損失を穴埋めしないといけない」と電話があった。トラブル解決のため手続きしているという「会計士」や「警察官」という人物からも立て続けに電話があり、最終的に「会計士の部下」だという男が自宅に200万円を受け取りに来ることになった。

 従来の手口では、男が直接、女性から現金を受け取るところだが、今回の詐欺グループは違った。「会計士が警察に目をつけられている。接触しているところを見られないよう、現金は車の下に隠して」と指示してきたのだ。女性は不審に思って警察に相談。だまされたふりをして指示に従うと、ほどなくして自宅に男が現れた。男は警視庁の警察官に詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです