メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

新潟、里山巡る「大地の芸術祭」 野外展示へ原点回帰 市内では「水と土の芸術祭」

磯辺行久「サイフォン導水のモニュメント」(赤白のパイプ)と「土石流のモニュメント」(黄色いポール、2015年・18年再制作)=永田晶子撮影

 国際美術展「大地の芸術祭 越後妻有(つまり)アートトリエンナーレ」と「水と土の芸術祭」が新潟県で開催中だ。共に3年ごとに開かれ前者は7回目、後者は4回目。新作中心に見どころを紹介する。

 十日町市と津南町が舞台の大地の芸術祭は昨今の芸術祭ブームを牽引(けんいん)してきた存在だ。東京23区より広い面積に約170の新作と恒久設置分を合わせて約380点が点在する。今回は引き続き廃校や空き家を活用する一方、北川フラム総合ディレクターが初回から掲げるテーマ「人間は自然に内包される」へ回帰するように、野外の場を生かす新作が目立った。

 代表例が環境計画家でもある美術家、磯辺行久の作品。地下に埋設された水力発電用水路をなぞって赤白のパ…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです