メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トークショー

父の仕事、語り合う 星新一×真鍋博展 娘、息子が逸話 県美術館 /愛媛

「奇抜な発想を大事にしましょう」と真鍋博と星新一がつくった世界を大切に語る真鍋真さん(左)と星マリナさん=松山市堀之内の県美術館で、松倉展人撮影

 県出身のイラストレーターの先駆者・真鍋博(1932~2000年)、ショートショートの分野を確立した作家・星新一(1926~97年)。2人の共作「午後の恐竜」を中心に、真鍋の長男と星の次女が語り合うトークショー「こどもと恐竜は語る、ふたりの父とその仕事」が松山市堀之内の県美術館であった。

 同館で19日まで開催中のコレクション展「星新一×真鍋博=本、ふたりの仕事」を記念したイベント。恐竜研究者として知られる真鍋の長男真(まこと)さん(58)=国立科学博物館標本資料センター長=と、星新一公式サイトを日本語と英語で運営し、星作品の英訳…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです