メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠賀川

生態系再生へ ネットワーク推進協が発足 国、県、流域21市町村 /福岡

 遠賀川流域の多様な生物の生息、生育環境を再生しようと国や県、流域21市町村でつくる「遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会」が発足した。明治初期以前の自然環境に近づけることを目標に、関係機関が連携して取り組む。

 流域は、江戸時代にはツルなどの大型鳥類が生息する良好な環境だったが、石炭産業が隆盛となり「ぜんざい川」と呼ばれるような汚れた川となった。近年はアユが確認されるなど、水質は改善傾向にある…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです