メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠賀川

生態系再生へ ネットワーク推進協が発足 国、県、流域21市町村 /福岡

 遠賀川流域の多様な生物の生息、生育環境を再生しようと国や県、流域21市町村でつくる「遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会」が発足した。明治初期以前の自然環境に近づけることを目標に、関係機関が連携して取り組む。

 流域は、江戸時代にはツルなどの大型鳥類が生息する良好な環境だったが、石炭産業が隆盛となり「ぜんざい川」と呼ばれるような汚れた川となった。近年はアユが確認されるなど、水質は改善傾向にある…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです