メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

健保「禁煙」連合体を支援 遠隔外来に補助金

 日産自動車や富士フイルムグループなど大企業20社の健康保険組合(加入者・計約57万人)がつくる禁煙共同実施のための連合体(コンソーシアム)に、厚生労働省が初めて補助金を出して支援する。健保連合体は9月6日から、オンラインによる完全遠隔禁煙外来を始める。連合体の活動が公認されたことで、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた禁煙の動きが加速しそうだ。

 連合体に参加しているのは、他に東京電力、ブリヂストン、オリンパスなどの健保組合。委託された健康支援…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです