メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

大言壮語はダメよ=坂東賢治

 <moku-go>

 中国の文人は伝統的に筆名を好むらしい。毛沢東(もうたくとう)主席ら中国共産党の指導者も革命初期、本名を隠して筆名で文章を発表することが多かった。

 非合法な地下活動を続けていたことも影響していたのだろう。その伝統が受け継がれているのか。中国メディアでは今も筆名がよく使われる。

 習近平(しゅうきんぺい)国家主席が浙江省書記時代に使っていたのが「哲欣」だ。中国語では哲は浙、欣は新と同音で「浙江の創新」を意味していたという。

 共産党機関紙「人民日報」にはたびたび登場する筆名が多い。例えば「任仲平」だ。「人重評」と同音で「人…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです