メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日本外交を考える

/4止 朝鮮半島情勢 非核化、日本も関与を 日本総研国際戦略研究所理事長・田中均氏

=藤井達也撮影

 朝鮮半島情勢にどのような戦略で向き合うかは、日本にとって極めて重要だ。歴史的なつながり、安全保障上の観点から、日本外交の原点といえる地域だからだ。日本の国際的な価値が決まり、日米や日中関係に影響を及ぼすといっても過言ではない。

 6月の米朝首脳会談で北朝鮮情勢は新しいフェーズ(局面)に入った。しかし、日本政府に外交の全体設計があるだろうか。安倍政権は拉致問題を「最重要課題」と位置づける。拉致問題は重要だが、究極の外交目的は朝鮮半島に平和と安定をもたらすことだ。日本は拉致問題のみならず、核・ミサイル問題や朝鮮半島の平和体制構築に主体的に関わらなければならない。

 非核化では、日本はコスト負担の構想を持つべきだ。核開発凍結の見返りに、北朝鮮に軽水炉などを提供する…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1236文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです