メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本外交を考える

/4止 朝鮮半島情勢 非核化、日本も関与を 日本総研国際戦略研究所理事長・田中均氏

=藤井達也撮影

 朝鮮半島情勢にどのような戦略で向き合うかは、日本にとって極めて重要だ。歴史的なつながり、安全保障上の観点から、日本外交の原点といえる地域だからだ。日本の国際的な価値が決まり、日米や日中関係に影響を及ぼすといっても過言ではない。

 6月の米朝首脳会談で北朝鮮情勢は新しいフェーズ(局面)に入った。しかし、日本政府に外交の全体設計があるだろうか。安倍政権は拉致問題を「最重要課題」と位置づける。拉致問題は重要だが、究極の外交目的は朝鮮半島に平和と安定をもたらすことだ。日本は拉致問題のみならず、核・ミサイル問題や朝鮮半島の平和体制構築に主体的に関わらなければならない。

 非核化では、日本はコスト負担の構想を持つべきだ。核開発凍結の見返りに、北朝鮮に軽水炉などを提供する…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1236文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです