メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本外交を考える

/4止 朝鮮半島情勢 非核化、日本も関与を 日本総研国際戦略研究所理事長・田中均氏

=藤井達也撮影

 朝鮮半島情勢にどのような戦略で向き合うかは、日本にとって極めて重要だ。歴史的なつながり、安全保障上の観点から、日本外交の原点といえる地域だからだ。日本の国際的な価値が決まり、日米や日中関係に影響を及ぼすといっても過言ではない。

 6月の米朝首脳会談で北朝鮮情勢は新しいフェーズ(局面)に入った。しかし、日本政府に外交の全体設計があるだろうか。安倍政権は拉致問題を「最重要課題」と位置づける。拉致問題は重要だが、究極の外交目的は朝鮮半島に平和と安定をもたらすことだ。日本は拉致問題のみならず、核・ミサイル問題や朝鮮半島の平和体制構築に主体的に関わらなければならない。

 非核化では、日本はコスト負担の構想を持つべきだ。核開発凍結の見返りに、北朝鮮に軽水炉などを提供する…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです