メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森保一さん=サッカー日本代表監督に就任した

森保一さん

森保一(もりやす・はじめ)さん(49)

 日本人では初めて五輪監督(2020年東京大会)と日本代表監督を兼任する。「うれしいという気持ちは一切浮かばなかった」。言葉に覚悟がにじみ出る。

 人情の人だ。12年にJ1広島の監督に就任すると、自ら選手に電話をかけた。体調を崩して練習を長く休んでいた森崎浩司(16年に現役引退)には「どんな状況でもサポートしていく」と伝え、復帰を待ち続けた。17年夏に成績不振で監督を退任したが、今も広島のスタジアムを訪れると、ボランティアの人からも声をかけられる。

 7月の就任会見では、幼少期から現在まで関わってきたすべての人への感謝の言葉を述べた。広島での監督時代も、試合後に真っ先に口にしたのはサポーターへの言葉。立場は変わっても「らしさ」は変わらない。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです