メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-佐藤康光九段 第6局の2

作戦負けの要因

 図から佐藤は[後]9二香と穴熊囲いを目指した。囲いの完成に手数が掛かるリスクを覚悟した上で、リターンを狙った勝負手だ。しかし局後の感想で「[後]7二銀と美濃囲いにする方がよかったかもしれません」と佐藤が言うように、作戦負けの要因になってしまった。

 [先]7七角と後手の飛車をにらんで打った自陣角が好手。佐藤は「ここで[後]3二飛か[後]2三飛のどちらかと思いこんでしまいました」という。広瀬が気にしていたのは[後]5五歩と突き捨て[先]同歩に[後]5二飛(参考図)と回ってくる順だった。参考図から[先]5八飛なら[後]5七歩[先]同飛…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです